クルマに関するトータルソリューションをご提供してまいります

株式会社エヴリス

オートリースについて

オートリースのおすすめポイント

オートリースは、毎月定額払いの
便利で安心な「新しい車の乗り方」です。

オートリースはご希望のクルマを一定期間、月々均等の金額でリース会社から賃借して使用する
方法です。車両代金や登録諸費用、税金や保険など維持費がパッケージされているため、
一時的な資金の準備が不要です。

オートリースのおすすめポイント

毎月定額のお支払い 月々のお支払いがラクラク メンテナンスパッケージでいつでも安心 契約満了後はお好きなプランで 法人のお客さまにはこんなメリットが

毎月定額のお支払い

毎月のリース料には、車両代金や登録諸費用、自動車税や重量税などの税金や自賠責保険、
車検を含むメンテナンスパッケージ費用など、リース期間中の維持費などがすべてコミコミ。
急な出費もなく、家計の管理も安心です。

月々のお支払いがラクラク

車両価格や諸費用などから残存価格(リース終了時の売却予想価格)を差し引くため、
月々のお支払いが軽減されます。

メンテナンスパッケージでいつでも安心

法定点検や車検もコミコミなので、大事なクルマも安心です。

メンテナンスの条件はご希望により変更が可能です。詳しくはお問い合わせください。

契約満了後はお好きなプランで

リース満了時はお好きなプランをお選びいただけます。

リース車両をご返却の際には、残存価格の設定方式によってお手続きが異なりますので、ご注意ください。 詳しくは、残存価格の設定をご参照ください。

残存価格の設定

リースのご契約の際は、リース期間の車両予想走行距離等により残存価格を設定することが
できます。残存価格とはリース満了時の車両販売予定価格のことで、オ-トリース契約には、
リース満了時にあらかじめ設定した残存価格と市場価格との差額を精算する
「オープンエンド契約」と精算を行わない「クローズドエンド契約」の2種類があります。

契約形態 残存価格精算方法
オープンエンド契約(残存価格を精算する)

車両返却時(リース満了時)に車両の査定額と
残存価格を精算します。

●査定額が残存価格を上回った場合
→ お客さまへ差額を返金します。

●査定額が残存価格を下回った場合
→ お客さまに差額をご負担いただきます。

契約書に残存価格が明記されます。
クローズドエンド契約(残存価格を精算しない)

車両返却時(リース満了時)に車両の査定額と
残存価格を精算しません。
ただし、以下の費用等はお客さまのご負担となります。

(1)契約走行キロを超過した場合の超過精算金

(2)内外装のキズ、ヘコミ、サビ等の現状回復費用

(3)お客さまの故意または過失に起因する修理等の費用

(4)事故・塩害・悪臭の残留等により、リース車両の価値が減少した場合の損害額

契約書に残存価格が表記されません。

オートリースの種類
(ファイナンスリースとメンテナンスリース)

オートリースには、車両購入・登録・税金等に関わる費用を含める「ファイナンスリース」と、
車両購入・登録・税金等の他に点検整備・車検等をリース料に含む「メンテナンスリース」の 2種類があります。

リース料金に含まれる項目 ファイナンス
リース
メンテナンス
リース
車両購入代金 車両本体、オプション、
特別仕様など
登録費用 登録検査費用、車庫証明費用、
納車費用など
税金等 自動車取得税、自動車税
自動車重量税、自賠責保険
任意保険 対人、対物、人身傷害、搭乗者、
車両保険
メンテナンス
パッケージ
車検、法廷点検、オイル交換等
(メンテナンスの種類により異なります)
×

○=含みます ●=登録時に必須 △=選べます ×=含みません

法人のお客さまにはこんなメリットが

1車両コストの管理が簡単!

毎月のリース料は、税務上、全額必要経費(損金)とすることができます。
※一部資金計上が必要な場合もございますので、税理士さまへご相談ください。

2車両管理業務の大幅削減!

車両の調達から支払い、各種税金の支払い、メンテナンス管理等の複雑な管理業務が大幅に簡素化されます。

3資金の有効活用が可能に!

車両購入時にまとまった資金が必要ありません。
お手元の資金を有効に活用できます。

ご契約の流れ

  • ステップ1

    希望車種の決定

    国産全メーカー・全車種の中から、お好きな車種をお選びください。
  • ステップ2

    お見積り

    お客さまのご希望に合わせて、最適なリースプランをご提案いたします。
  • ステップ3

    審査

    リース契約にはリース会社の審査がございます。
    (審査の結果、お引き受けできない場合もあります。)
  • ステップ4

    ご契約

    審査後、契約書を郵送でお送りします。ご契約内容をご確認いただき、ご署名、
    ご捺印の上、弊社までご返送ください。
  • ステップ5

    車両発注

    ご契約成立後、車両を正式発注いたします。
  • ステップ6

    登録書類・車庫証明書書類の準備

    登録や車庫証明に関する書類をお送りします。車庫の準備、住民票などの必要書類を揃えていただき、弊社までお送りください。
  • ステップ7

    登録・納車

    ナンバー登録後、お客さまのご自宅に納車いたします。
  • リース開始

よくある質問

皆さまから寄せられるご質問にお応えします。

  • オートリースって何ですか?
  • 車を使用する新しい方法で、自分でディーラーから車を購入せずに、リース会社が購入した車両を借りて所有する方法を「オートリース」といいます。5年や7年などリース期間を決定して契約し、毎月リース料をオートリース会社に支払います。ナンバーはレンタカーのような「わ」・「れ」ナンバーではなく通常のナンバーになります。契約期間が終了すると車をリース会社に返却も可能です。これを「リースアップ」といいます。
  • オートリースとレンタカーの違いは?
  • レンタカーは、レンタカー会社が保有している車両を短期間利用するのに対して、オートリースは、お客さまがお好きな車種やグレード、オプション等をお選びいただき、最長7年の長期間でご利用いただけます。また、レンタカーとは違い「わ」ナンバーにはなりません。
  • オートリースとオートローンの違いは?
  • オートリースは車両自体を賃借するため、車両の所有者はオートリース会社となります。一方、オートローンは車両の購入代金を借入れます。
  • “リース=借り物”というイメージですが、車は自由に使えますか?
  • リースは車両本体価格に必要経費などを一括して分割払いしていく、新しいお車の購入プランです。所有者はリース会社となりますが、使用者はお客さまの名義になりますので、買った場合と同様に使用することができます。また、希望ナンバーでの登録も可能です。
  • リース料はどのように計算するの?
  • [(車両購入価格ー設定残価)+諸費用+金利+メンテナンス費用等]÷リース期間(月数)で算出しています。
  • 残存価格(残価)って何ですか?
  • リース満了時の車両販売予定価格のことです。残価を設定することにより、ローンの頭金のように月額支払額が低減します。また、残価は予想市場価格に基づきリース会社が設定しています。残価については「残存価格の設定」をご覧ください。
  • 車をカスタマイズすることはできますか?
  • カーナビやオーディオを取り付ける場合、契約時にリース料金に組み込むことができます。また、契約後でもホイールの交換や後付けパーツの取り付けも可能です。ただし、法令に違反せず、車両の価値を下げない範囲に限ります。
  • 審査はあるんですか?
  • リース会社の審査・承認を得る必要があります。
  • 契約満了時には、どんな手続きが必要でしょうか?
  • リース契約が満了する際は、満了日の約3ヶ月前にリース会社から連絡があります。その後、お車をどうするかにかかわらず、弊社がリース会社との手続きを代行いたしますので、お客さまの手を煩わせることはありません。
  • 5・7年後の残価の精算時に注意することはありますか?
  • 残価は契約満了時の車の状態によって大きく変わります。契約走行距離を超えた場合や傷やヘコミがある場合は、残価との差額を支払わなければならないこともあります。残価については「残存価格の設定」をご覧ください。
  • 中古車もリースできますか?
  • 仕組み的には中古車もリースする事はできますが、エマージェンシーブレーキや自動運転などの先端技術を搭載したお車をご利用いただきたい事と、リース期間中のメンテナンス費用が高額になる可能性がある事等を勘案し、弊社では新車でのリースをお勧めしております。
  • 好みのオプション・ボディカラーや自社の社名ロゴ等をリースに含むことはできますか?
  • もちろん可能です。お見積りのご依頼時にお申し付けください。
  • リース期間中に解約は可能ですか?
  • 原則的にはできません。ただし、全損事故等のやむをえない場合に、中途解約金をお支払い頂くことで解約できます。
  • 故障や点検はどうするの?
  • リースにメンテナンスが含まれる場合は、リース会社が契約しているメンテナンス工場が対応します。
  • リースにすると支払額は結局安くなる?それとも高くなる?
  • リースの場合は契約時に残価の設定をします。そのため、支払額に税金やメンテナンス費用が含まれていても、月々の支払額は割高になりません。しかも車両本体価格に関わらず設定残価は人気車種の方が高くなるため、月々の支払額が割安になる場合があります。